2009年05月12日

妊娠の初期症状

妊娠の初期症状もたくさんありますのでご紹介しておきましょう。

妊娠の兆候でもありましたように食べ物の好みが変わる、吐き気がする、すっぱいものが食べたくなるなどがありますが、体に変化も現れ始めます。

妊娠の初期症状としては乳房の乳輪が大きくなったり、はっきりしてやや黒くなってきたりり、ぶつぶつしたものがあらわれてきたりまします。

妊娠すると乳頭も大きくなり、敏感になります。
乳房自体は硬く張ってきて、痛みを感じることもあります。また、妊娠が進むにつれて胸自体も段々大きくなり張ってきます。

これは黄体ホルモンが乳腺に影響を与えるからと言われています。

妊娠するとホルモンバランスが大きく変化します。妊娠の初期症状を体で感じる場合は、以上のことも気をつけて気にしてみてください。

妊娠の初期症状は、もちろん月経が止まり、たいていの場合は吐き気(つわり)が始まるのですが、それ以外にも変化が現れます。

ホルモンの影響が体のあちらこちらに出てくるので、体に変化が起こってきます。

肌がすべすべでなくなったり、しみそばかすが増えるなどの目に見える症状もありますし、精神的な部分ではすぐ怒りっぽくなって気分が悪くなるや、一日中眠くてだるいなど症状が出る場合もあります。

妊娠の初期症状には様々なものがありますが、妊娠の日が経つにつれて楽になてくるはずです。

妊娠の初期症状が現れたら、もちろん定期的に産婦人科に通ったり、ご家族などに巨力を得るなど周りのかたのサポートんもうけるようにして、悩みを自分だけに溜め込まないようにしましょう。

妊娠の初期症状は生命の誕生と言う大きな喜びの第1歩でもあるのですから。
posted by kisotaion11 at 10:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。